NSXグッズコレクション Vol.19

2003/6/18更新(現在27点)

 このVol.19では、アメリカのNSXグッズコレクター、アンドリュー・ヘンダーソン氏とのトレードで入手した商品を紹介しています。1994年のルマンにNSXで参戦したクレマーホンダレーシングのグッズが中心です。クレマーは、ホンダと組む以前はポルシェと組んで、ルマンに数々の栄光を刻んできたドイツのレースマネジメント会社で、実際のマシン製作はイギリスのTCPが行っていました。レースの結果は46号車が16位、47号車が18位、48号車が14位と、初参戦にして全車完走という快挙をなし遂げています。

アンドリュー・ヘンダーソン コレクション(ANDREW HENDERSON COLLECTION)

 No.1〜2 KREMER HONDA RACING チームシャツ 2種
 1994年のルマンにNSXで参戦した時のクレマーホンダレーシングのチームシャツ。実際にレース中にスタッフが着用していたもの。左胸に「KREMER HONDA RACING」、左肩に「HONDA」、右肩に「NSX」のワッペンがついているのは共通ですが、1着は背中に「KREMER HONDA RACING」のワッペン、もう1着は「KENWOOD」のワッペンがついています。当時の写真を見ると、47号車を担当したスタッフのシャツの右胸には「KENWOOD」のワッペンが追加されており、いくつかバリエーションがあったようです。アンドリュー氏は、このシャツをマンフレッド・クレマー氏より購入したとのこと。

 

No.3 クレマーホンダ
 レーシングチームセーター

カシミヤ製。チーム所有者の個人的な物で、ホンダの社長(ドイツホンダ?)が同じ物を持っているそうです。

No.4〜5 クレマーホンダレーシングチーム
 ピット用「HONDA」横断幕2種(赤・白)

'94ルマンの時、クレマーホンダのピット内で実際に使用されていた物。右のピット内の画像に写っているそのもので、サイズは約45×380cm。ちなみに、分かりにくいですが右から4番目の奥にいる方が高橋国光氏です。

No.6 クレマーホンダレーシングチーム94ルマン解説本

A4版全87ページ。各ページは片面印刷なので実際は200ページ近い。全てドイツ語のため内容不明。

 

No.7 ホンダヨーロッパ’94ルマンプレスリリース

ケースにA4版全21枚入りで全てドイツ語。ケースに「GB」というステッカーが貼ってあるので何カ国語かのバージョンがあった模様。

No.8 ポルシェクレマーレーシングパンフレット

A4版。アーウィン・クレマーとマンフレッド・クレマーの二人によって経営されていることが分かる。元々クレマーはポルシェ専門。

No.9 クレマーレーシングwithホンダ資料ファイル

NSXPressVol.12でも紹介されたADAC・GT-CUPマシンとアーウィン・クレマーとの2ショット写真が2枚貼付(直筆サイン入)。

No.10〜15 クレマーレーシングwithホンダ写真

左の資料ファイル付属品のような台紙はない写真6枚。裏に説明のシールが貼られている。下段が残りの5枚の画像。

 

 

No.16 アキュラ広報誌

A4版20ページ。表紙、裏表紙、そして巻頭記事がNSXのプロトタイプ「NS-X」。ゴルフボールや釣りセットなどのアキュラグッズも紹介。

No.17 NS-Xパンフレット

A4版3ツ折り世界的な自動車雑誌「カーアンドドライバー」を模したパンフ。左の広報誌とセットで配付されていた物と思われます。

No.18〜19 ワッペン&ピンズ

詳細は不明ですが、アキュラディーラーの販促品?いずれも国内では見たことのない物です。

No.20 コンプテックIMSAプレスキット

'91IMSAキャメルGTPライトクラスを制したComptech アキュラSpiceNSXの'92のプレスキット。

 

No.21〜22 アキュラNSXグッズカタログ&コンプテックカタログ

グッズカタログは興味津々。キャップ3種、Tシャツ、クーラーボックス、CDケース、マグネット、キーホルダー、ボールペン、カードケース、マグカップ、アタッシュケース、スポーツシャツ、ポロシャツ3種、ジャケットを掲載。この中で所有しているのはマグのみ。全部欲しい…。コンプテックカタログにはNSX用マフラー、インマニ、カーボンエアボックス、タワーバー、フライホイール、クラッチ、エンジンヘッドカバー、サスキットなどを掲載。

No.23〜27 クレマーホンダNSX写真

クレマーがADAC・GT-CUPに参戦させているらしいマシンの写真5枚。裏にシールが貼ってあるので、プレス用の公式な写真かも?

 

その他 ’94ルマンでのスナップ写真

これまで紹介したオフィシャルな写真とは別に、明らかにプライベートで撮影したと思われる写真を多数いただいたので、一部を紹介させていただきます。これらは、コレクションアイテム数にはカウントしていません。左の画像は、見にくいとは思いますが、ピット内でモニターを見ている土屋圭市氏と高橋国光氏です。

 

1.エブロ 2.トミカ 3.チョロQ 4.プラモデル 5.ラジコン
6.マジョレット 7.ダイヤペット 8.京商ダイキャスト 9.ニッコーダイキャスト 10.レベルダイキャスト
11.その他のミニカー 12.映像関連 13.タペストリー 14.ピンズ 15.テレフォンカード
16.ステッカー 17.トレーディングカード 18.ポスター・カレンダー 19.アンドリューコレクション 20.レース車両パーツ
21.ゲームソフト 22.キーホルダー・ストラップ 23.fiesta記念写真 24.ライター 25.マグカップ
26. カタログ・書籍 27. ウェア・キャップ 28.アート 29.マウスパッド 30.フラッグ
31.ジグソーパズル 32.バッグ 33.うちわ 34.ペーパークラフト 35.その他のグッズ

トップページに戻る